読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

テキスト/URL/画像をPC⇔スマホ(iOS&Android)間で渡すならPushBulletがいい

「PCで打ち込んだコードをスマホで使いたい」とか「スマホで見ている記事や写真をPCで確認したい」とか「PCで見ているこのサイトのスマホ用デザインを見たい」ってことがよくあります。

PCと端末間でテキストやURLを渡す
言葉にすると単純ですが、これを効率的にするために色々試してきました。Evernoteのショートカットに専用のノートを置いてみたり、Click2Push*1を使ってみたり、Pastebotを使ってみたり。。

どの方法も不安定だったり、ちょっと手数がかかったりで「これだ!」って方法がなかったんですが、
そんな迷走も今回紹介する「PushBullet」によって決着がつきそうです。

準備

まずはPushBulletのページにアクセスしてアカウントを登録します。
リンク Pushbullet - Send files, links, and more to your phone and back, fast!

ページ中程にあるSign up now!という赤いボタンを押して、
Googleアカウントからログインするだけで登録は完了です(^^)

続いてデバイス毎の設定。

PC

PCからはChrome(もしくはFireFox)の拡張機能を使います。*2

細かい設定もできるんですが、デフォルトで充分使えるのでとりあえずダウンロードしておけばOKです。

スマホ(iOS)

▼アプリをダウンロード

▼こちらもGoogleからログイン
PushBullet1

初回起動で求められるプッシュ通知の設定はもちろんOnにしておきます。他に設定は特にありません!

Androidアプリはこちら
Pushbullet - Google Play

準備は以上で完了です。簡単!

実行

PCからなら

  1. 右クリックのコンテクストメニューか拡張機能バーのアイコンをクリック
  2. 情報を入力(リンクなら見ているページのタイトルとURLが自動で挿入されます)して
  3. Push it!

スマホからなら

  1. アプリを起動
  2. 右下の新規作成ボタン
  3. 情報を入力して
  4. Push it!

で、選んだ端末に通知が飛びます。

このPushBulletは、どのデバイスからでも通知が飛ばせる上に、URLだけでなく色々な形式(テキスト・リンク・画像・リスト・地図)に対応しています。これさえもっていればPC⇔スマホ間のテンポラリーな連携は完璧といっても過言ではないと思います。

冒頭で挙げたようなことをしたい方には超オススメのアプリです。無料なのでぜひ試してみてください!


ちなみにこのPushBulletはIFTTTにも対応しています。
参考 Pushbullet's IFTTT Channel Is Online! | PushBullet Blog

  • 雨が振りそうだったら通知
  • お気に入りのブログが更新されたら通知
  • 指定の時間になったら通知
  • Amazonからメールが来たら通知
  • Twitterでフォローされたら通知

などなど、いろんな使い方が考えられます。自動化万歳!