ウラガミ

いわゆるチラ裏

それでも僕はCDで聴きたい

「やっぱライブはいいよねー」
「生最高!」

よく言われてることですし、ライブだけでしか味わえない楽しさはたくさんあります。

参考:音楽にはCDで聴いてるだけじゃ伝わらない部分がたくさんある - あざなえるなわのごとし

それはわかってるんですがCD、というか録音こそ最高じゃね?と思ってます。

今回は自分が思うライブと録音の特徴を挙げて、その上でなぜ録音で聴きたいかを書きます。

録音の特徴

  • 環境を選べる
    • どんなスピーカー、ヘッドホンでも
    • どんな部屋でも
    • 外でも
  • 音を変えてもいい
  • 何度でも聴ける
    • 気に入った曲をリピートしたり
    • 楽器ごとに追ってもいいし
    • どんな効果のためにその楽器を使ったのか考えながら
  • 質が高い
    • 一番いい演奏同士を組み合わせて作品として世に出せる
    • 納得いくまでなんどでも録り直せる
    • 音量の調整を楽器に頼らずにじっくり出来る

ライブの特徴

  • 製作者の準備した音で聴ける
    • 「こういう音で聴いて欲しい」という意図通りの環境
      • 実際には会場、音響、席の位置などによって完全に意図通りとは言えないけど
    • 演奏者と観客が同じ音を共有できるのはやはり生でないと難しい
      • もちろん舞台と客席で聴こえ方はかなり違うけど
  • その演奏者の最新の音が聴ける
    • その瞬間一番いいと思う方法、バランスで演奏されるので録音した時よりも洗練されてる、かも
    • 失敗含めてライブ感が味わえる
  • 場の共有
    • 演奏者と観客
      • 観客の温度がわかると演者も盛り上がるし、それにつられて観客もより楽しくなる
    • 観客同士
      • ○○が好きな人が集まった環境というのはそれだけで温度が変わる
  • 空間や音量がデカイ
    • 単純だけどじつは大きな特徴だと思う
    • 普段は聴けない音が聴こえたり、体全体で音を感じることができる

両者の特徴はこんなとこですかね。(あくまで自分が思うところです)

その上で「なんで録音で聴きたいか」というと録音の特徴の最後に挙げた、

  • 質が高い

からなんですよ。
「音楽を聴く」ならやっぱりいいものを聴きたいんです。
音程、音量のバランス、全体のブレンドが最適(と製作者が感じた)なものを。

上で挙げたライブの特徴全部がなくなってもいいから。

一応

録音の方が好きだからといっても、「ライブはしなくていい!」みたいなグレン・グールド的思想ではないので。
考え方としては近いものがあるとは思いますが、ライブでしか味わえない感覚も大好きです。演奏者としても観客としても。

参考:グレン・グールド 演奏会への不信 - Wikipedia

グレン・グールドは語る (ちくま学芸文庫)

グレン・グールドは語る (ちくま学芸文庫)

広告を非表示にする