ウラガミ

いわゆるチラ裏

筋肉痛が2日後にくる云々

加齢と直接関係ないってことはわかってるんだけど、
原因とかを何回調べても忘れてしまうので、
ここに書くことで記憶の定着を図ってみる。

によると、

筋肉痛の一般的な話として、「弱い負荷を長時間与え続けると、早く筋肉痛の症状が出る」、一方、「強い負荷を短時間与えると、筋肉痛の症状が出るまで遅い」というものがあります。

その上で、

人間が年齢を重ねると、肉体的なパフォーマンスが衰えてきます。すると、若いころは「弱い負荷」だとしか感じなかったことが、年を重ねるごとに「強い負荷」に感じられていくのです。

とのこと。

では、

研究所長の経験では、普段から筋力トレーニングなどで筋肉を活性化させている人ほど筋肉痛が早く出て、逆に筋肉が鈍っている人ほど遅く出る傾向にあるようです。

また、

強度が高く、量の多い筋力トレーニングを行えば筋肉痛の程度も大きくなり、その分「痛み始め」も実感しやすくなるわけです。 このため、力をセーブすることなく自分自身の体を酷使できる年齢の若い人たちの方が、早い段階で筋肉痛を感じ取れるという可能性はあると思います。

とあります。

今まで強い負荷と感じなかった負荷が筋力の低下によって強い負荷と感じるようになり、それによって痛み始めが遅くなる

ってことですな。

直接的には加齢の影響ではなく、負荷の種類と筋力低下の影響でした。しかし加齢とともに筋力が低下するのが当然、とするなら加齢の影響といえるかも。

広告を非表示にする