ウラガミ

いわゆるチラ裏

140文字以内でもブログに書く意味

こんな短文Twitterでいいやん、と思ってブログに書くのをためらうこともあるのですが、短文でもあえてブログに書く意味もあるんじゃないかと最近考えます。

ストックされる

TwitterなどのSNSでは自分の書いたことはすぐに流されて目に触れられなくなります。対してブログは継続している限り残りますし、検索されたりリンクを貼られたりすれば誰かに読んでもらえます。

ちゃんと残るってことはWebの世界ではとても大事なことだと思います。Twitterでは蓄積が実感できませんが*1、ブログでは記事数、アクセス数、あれば収入などやってきたことが目に見えやすいのでより「自分のメディア」感があります。

ブログは自分の庭でTwitterは近所の道路って誰かが言ってました。そういうことです。Web上であってもホームレスにはなりたくないです。

あらゆるメディアを貼り付けられる

動画や画像はもちろん、音楽やリンクなどを「簡単」に「複数」貼り付けられます。Twitterでもできないことはないですが、ブログの方が手軽です。ここに関しては慣れの問題かもしれませんが。



まとまりませんがこの辺で。
とりあえず、残しておきたいことはいくら短くてもブログに書くといいよってことです。

*1:ツイート数みてここまできたかーって境地もありそうですが。

広告を非表示にする