ウラガミ

いわゆるチラ裏

実名派/匿名派の共通点

どこが出火元かはわかりませんが(復興庁?)、「実名/匿名どっちがいいのか」みたいなトピックが軽く燃えてます。

対立には共通の概念(思考の基盤)が必要なので*1、それがなんなのかを考えてみました。

共通点

んで、思いついたのが

「誰が」言ったかを気にしている人達

というものです。

実名派
誰が言ったかによって情報の信憑性や説得力を決められるから実名
匿名派
誰が言ったかによって情報の信憑性や説得力を決められたくないから匿名

みたいな感じでしょうか。

「誰が」よりも「何を」言ったかに重きをおいている人であれば、実名/匿名どちらでも構わないって思うのではないでしょうか。少なくとも自分はそうです。

補足

今回はあえて、

  • 若者が実名を晒すリスク
  • リアルとネットの差は無い方がいいのか
  • 非実名でありながらパーソナリティが確立している人
  • 攻撃するために匿名垢つくる輩

などの話題は収集がつかなくなりそうだったので避けました。
そういったことを考えて実名/匿名論者がいることももちろん理解していますが、今回はあんま考えてない人の話なので。

子どものための哲学対話 (講談社文庫)

子どものための哲学対話 (講談社文庫)

*1: この辺りは永井均「子供のための哲学対話」が詳しい

広告を非表示にする