読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

【日報 2016/12/06版】 「AI活用、RPG自動作成ソフト「RPGツクッテクレール」」他

日報

ありがたいことに、自分の書いた文章を分かりやすいと評価してもらえる機会がたまにある。

基本的には分かりやすく書きたいと思っているので、そういう風に言ってもらえるのはすごく嬉しい。

でもいつも自分の文章が分かりやすいかどうか、全然分からなくてビビりながら公開している(全然分かんないだろうけど出しちゃえ、というときもある)。

公開前に読み返すことも100%ではないにしろしてるけど、どうあがいても「自分が書いた文章だから自分では読めるじゃん」って思ってしまう。実際そうだし。

自分で読んでて意味わからないところは(なんとか)潰せるけど、自分と同じような前提知識をもって読む人ばかりじゃない、というかむしろいないに等しいと言っても過言ではないわけで。

別人が読んで分かりやすいかどうかなんて自分で判断できなくない?と思うわけさ。

文章術にあるような「1文を長くしすぎない」「主語と述語は近づける」などなど、気をつけられるところはあるけど、細かい書き方だけじゃなくて、何をどこまで書くかっていう内容にまで踏み込んで考えると一気に難しくなる。

まぁ誰にとっても分かりやすい文章なんて存在しないわけで、想定読者をちゃんと考えて、その人に向けて書いて、その人になりきって読むのがいいんだろうなーとは思うけど。それができれば苦労しないわよねえ。


なんか今日の入浴めっちゃ汗出た。何。

更新

ライフ・アウトラインのタイトルと現実から始めることについて - ウラガミ
とっちらかったけど、 “ライフが全然クリアじゃないからこそタイトルにする” ってことを言いたかった。

はてブ

ほぼ全部ステルスマーケティングの糸井重里『ほぼ日刊イトイ新聞』の憂鬱(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース
商品紹介が増えてるのはそうだろうけど、それがステルスしてるかはイマイチわからん。自分はやや「糸井重里?誰?」世代だけど、普通の通販だったり広告に見える。
続きを読む

ライフ・アウトラインのタイトルと現実から始めることについて

考えゴト アウトライナー

「ライフ・アウトライン」とは

ライフ・アウトラインはTak.さんによって名付けられたアウトライナーの使い方の1つ。

アウトライナー実践入門』では、

「人生(ライフ)」と日々の「生活(ライフ)」とをリンクし、「現実の行動(タスク)」に落としていけるようなツールと手法

として紹介されている。Tak.さんの場合はこのアウトラインに「Clear」というタイトルをつけていて、本では構造や使用方法も書かれている。(ちなみに話題をライフ・アウトラインだけに絞った本を執筆中らしい。楽しみ。→「『Piece shake Love』について:Word Piece >>by Tak.:So-netブログ」)

私も似たようなことをWorkFlowyでやっていたこともあって、さっそく真似してみたんだけど、アウトラインのタイトルがなかなか決まらなかった。

  • 「Clear」とかほかの言葉でも借り物のような気がしてくるし、
  • そもそもタイトルつけてもぜんぜんそうじゃないライフ(人生・生活)に対してギャップを感じて無力感に苛まれたり、
  • 「My Life」だったり、いっそ名前をつけないのも考えたけどそれはそれで寂しいし、

って感じで難航してた。

だから長い間、名前はつけずにいた(WorkFlowyの「1つの大きなアウトラインで最上位の名前(タイトル)が無い」という特性のおかげでこういう運用もできた)んだけど、こないだ改めて『アウトライナー実践入門』を読んでたら、

私のライフ・アウトラインには「Clear(クリア)」というタイトルがついています、「明快な、はっきりした」という意味です。それが私の個人的な課題だからです。

と書いてあって、ガツンとやられた。「あっ、べつにタイトル通りのライフがおくれてなくていいんだ!」と。

これは__私の「課題」という言葉のイメージが特殊なせいもあってか__大きな衝撃だった。課題は「こなすもの、達成するべきもの」というより、「果たすことのない生涯を通して向き合うテーマ、天(あるいは自己)から課せられたお題」みたいなイメージがあるから。(仏教由来かな?)

そういった意味での課題をタイトルにするという考え方なら、実際のライフとタイトルにギャップを感じるのは当然で、そうなってないことにストレスを感じることはない。

Clearを例にすると、

  • ライフはクリアであるべき!
    • →そうじゃない自分はダメだ。。

ではなく、

  • ライフが全然クリアじゃないからこそタイトルにする

わけで、

  • クリアにするためにはどう行動するのが良いだろう
  • そもそもクリアとはなんだろう

と考える、考え続けるための「ガイドライン」として捉えられる。

簡潔に書くと、

ライフ・アウトラインのタイトルは「理想・夢・目標」ではなく「課題・指針・ガイドライン」である

って感じ。

で、「課題をタイトルにする」という捉え方をしてから、いろんなことがひらけてきて、タイトルもすんなり決まった。

  • 行動の指針の柱になる
    • これをすれば○○になる
    • これとこれならどっちが○○か

という考え方ができたり、

  • 「ライフを○○にするためのアウトライン」という意識をもつ
    • 日々「○○」について考える
    • アウトラインがライフを○○にする(○○である)ための構造になる

などなど。タイトルの捉え方が変わっただけなのに、ライフ(もしくは世界)の捉え方すら変わってきた感覚すらある。

「こうあるべき!」として現実とのギャップに苦しむより、
できないことを前提として現実からスタートする方が苦しくないし楽しい

できないことを前提とするのが苦しい人には向いてない考え方だろうけど、私には向いてたみたい。

できないことを前提とするのは、理想から始めない、良くなるしかないという点において、現実から始めることに似ていると思った。

現実から始める。

これはたぶん勇気がいることなのでしょう。なんとなくそういう気がしています。なんといっても、理想はエレガントで混じりけがありません。対して現実は、混濁としていて混沌としていて混乱しています。清濁も「これでもか!」というくらいに入り乱れています。乱雑なのです。
via:R-style » 東京ライフハック研究会vol.16に参加してきました

エレガントで混じりけがない状態を目指していたわけでもないのに、タイトルに掲げられるとそうじゃないといけない気がしてた。勝手に。そうなれないことを知っていて(言い切りたい)、なんならそうなれないからこそ人間だろうとすら思っていたはずなのに。

それに改めて気づけた今回の発見は、自分にとって大きなものになった。

何を言いたいのか分かんなくなってきちゃったけどw 、とにかく「できてない前提にすることで、苦しくなくなる」のがわかったという話でした。以上!

真ん中の歩き方 R-style Selection

真ん中の歩き方 R-style Selection


ちなみに

私のライフ・アウトラインのタイトルは秘密です。なぜなら恥ずかしいから。

【日報 2016/12/04版】 「ネイティブ広告はメディアの未来への脅威ではないかという気がしてきた | Lifehacking.jp」他

日報

真冬に備えて肥えてきた感がある。

はてブ

ネイティブ広告はメディアの未来への脅威ではないかという気がしてきた | Lifehacking.jp
“ネット上の情報への信頼はそもそも高くありません。しかしそれがさらに一段と低くなったとき、誰が私の言葉に耳を傾けてくれるでしょうか? ”
続きを読む

【日報 2016/12/03版】 「普通に日本語で話すだけで疲れる」他

日報

更新

はてブ

普通に日本語で話すだけで疲れる
音気持ち良さそう。友人すげえ。
続きを読む

HandyFlowyでWorkFlowyのトピックリンクを取得する拡張スクリプトを作った

WorkFlowy JavaScript アプリ

以前書いたWorkFlowyのトピック間をハイパーリンクで移動する方法(WorkFlowyでハイパーリンク的なものを実装する)の応用編。

前の記事の内容をざっと書くと

  • 「アンダーラインとイタリック」で装飾してある文字を見えなくするスタイルを適用して
  • 装飾したURLの後ろに「?hoge」というパラメータをつけることによって
  • ただのURLがハイパーリンクっぽくなるよ~

ってとこ。
なんだけど、

  • WorkFlowyトピックのURLを取得して
  • どっかに貼り付けて
  • 「?タイトル」というパラメータをつけて
  • アンダーラインとイタリックで装飾

という手順が面倒だし、スマホからだと上手いこといかなかったりで、積極的に使わなくなった。でもトピック間を有機的につなげたいって気持ちはあって、いい方法が無いかなぁとぼんやり思ってた。

で、HandyFlowyの拡張スクリプトでやってみようと思い立って、やりました。

コード

u=location.href;
t=document.title.replace(' - WorkFlowy','');
t=t.replace(/\s| /g,"_");
s="<opml><body><outline text='&lt;i&gt;&lt;u&gt;"+u+"?&lt;/u&gt;&lt;/i&gt;"+t+"' /></body></opml>";
webkit.messageHandlers.CopyToClipboard.postMessage(s);alert("「"+t+"」のリンクをコピー");

このコードをHandyFlowyの拡張スクリプトに登録すればOK。(前提として指定した装飾文字を見えなくするスタイルは必要だけど。)

スクリプトを起動すると、あらかじめ装飾してあるURL+パラメータがクリップボードにコピーされる。コピーされたリンクを貼り付ければ、そのトピックへのハイパーリンク(風)が生成される。

工夫としては、装飾を貼り付けられるようにOPML形式でコピーされるようにしたり、元ネタ(8 Secrets to a Better Link Life – a Mixed Bag of WorkFlowy Tips. – WorkFlowy Blog)にもあるように空白があるとリンクが切れるので、アンダーバーに置換するようにしたこと。(空白だけじゃなくて括弧などの記号があってもURLは切れちゃうんだけど、全部を網羅するのはめんどいのでとりあえず空白だけ。)

これでスマホからでもトピックリンク(Evernoteのノートリンク的なイメージで命名)を簡単に取得できるようになった。だからどうだみたいな話は無いんだけども:-P

HandyFlowy
HandyFlowy

価格: 無料 (記事掲載時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

【日報 2016/12/02版】 「活動量計のFitbit、スマートウォッチのPebbleを買収間近の報。Pebbleブランドは廃止へ」他

日報

calm editor を少しアップデート。

エディタの背景を紙のテクスチャにして、影をつけた。フラットからすこしリッチにした感じ。

はてブ

【月初雑話】ぐだぐだと続けているブログが1000記事を超えたので、ジャンル別に自薦記事をまとめてみた - ぐるりみち。
“大切なのは「数」よりも「積み重ね」なんじゃね? という話。つまるところ「量より質」であり、「多更新よりも試行錯誤」であり、はたまた「記事数よりも継続期間」であるのでは?” 金言。
R-style » 静かな場所での対話
普段は思わないけど、ふとした瞬間にひとりスマッシュが良く見えたりもするんだよなー。
続きを読む

【日報 2016/12/01版】 「女子高生流行語大賞2016が発表 ―― 「卍(まんじ)」「スノる」などがランクイン」他

日報

はてブ

続きを読む