読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

「文章を「書ける人」と「書けない人」のちがい」【一文で要約シリーズ】

一文で要約シリーズ

いろんな記事を一文で要約するトレーニング。出来る限り筆者の言いたいことに沿いつつ簡単にまとめたい。

文章を「書ける人」と「書けない人」のちがい - デマこいてんじゃねえ!

読みました。

いろいろ賛否両論出ていますが、
人に刺さる文章を書きたければ、ただ書いているだけではダメ。
って話ですよね。

ブコメをつらつら眺めたり関連エントリを読んでいると、100を1という言葉や藤子・F・不二雄先生の言葉の真偽に引っかかっている人が多い様子。たしかに100を1に(しようと)している筆者ならその辺の言葉選びや調査もしているべき、っていうのもわかりますが、上述の「人に刺さる~」ってのはみなさん同意してくれるんじゃないでしょうか。*1

*1: 「デマこいてんじゃねえ!」っていうツッコミのためにあえて隙を作ったという可能性も微レ存。考えすぎ?