読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

きゃりーぱみゅぱみゅの新曲「インベーダーインベーダー」が公開、どこが魅力か考えてみた

音楽

YouTubeゴールデンウィーク企画、「MusicWeek」の最終日。きゃりーぱみゅぱみゅの新曲「インベーダーインベーダー」のPVとコメントが公開されました。

とりあえず見てみてください。


公開直後の興奮


にもあるように、きゃりーの曲でここまでグッときたのは初めてでした。

  • 口ずさみたくなる詩
  • 中田ヤスタカらしいエレクトロポップ
  • 間奏のダブステップからのオリエンタルな香りのするメロディ
  • ダサかっこいい振り
  • ところどころ入るきゃりーの外した声

などなど、挙げてけばきりがないほど魅力を発見できます。
色んな要素を入れているのにも関わらず、一つの世界が出来上がっているので「さすが中田ヤスタカ」と思わされます。

ヒャダインも色んな要素を一曲に入れるのが得意だと勝手に思っているのですが、彼の場合は曲中にどんどん変わる音についていくのが楽しい、いわばジェットコースターみたいな音楽づくりが得意な印象なんです。

それに対して中田ヤスタカの曲は、色んな要素を入れながらもまとまっていて、俯瞰で見た時に美しくみえる印象を受けます。

そこにきゃりーのカワイイポップさが加わり、相乗効果で曲にひとつの世界が生まれます。特にこのインベーダーインベーダーではその効果がしっかりと表れていると思います。必聴!