読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

ハサミスクリプトをDynalistでも使いたい

アウトライナー Dynalist

「ハサミスクリプト」はマロ。(@maro_draft)さんが作った

WorkFlowyのアウトラインからhtmlタグやmarkdownに変換するためのスクリプト via: HASAMI script marker

で、大きなアウトラインからその一部を「切り取る」ためのツール。

私はブログの記事やメールの下書きなど、ほとんどの文章をアウトライナーで書いているので、アウトラインを1クリックで変換できるハサミスクリプトはまさに必需品になっている。なかったらやってられないレベル。

で、これができるアウトライナーはWorkFlowyしかなかった*1ので、ハサミスクリプトを使いたいならWorkFlowyを使うしかなかった。

WorkFlowyは好きなサービスだし我慢して使っていたわけじゃないんだけど、クラウドアウトライナーの対抗馬としてあげられる「Dynalist」もアップデートにスピード感があったり項目間のリンク作成機能があったりで魅力的だった。

しかし、Dynalistではハサミスクリプトが使えなかったため、常用することはなかった。

が!

Dynalistの今後の展望を読み、使いたい欲がかなり高まったので、ハサミスクリプトを改造してDynalistに対応させることにした。

改造の手順としては、

既存のスクリプトをデコード→Beautifier→スクリプトのWorkFlowy独自の部品を見つけて→WorkFlowyのHTMLとDynalistのHTMLを見比べて対応する部分を調べ→WorkFlowy独自の部品をDynalist仕様に置き換え→Minify

で完了。形式はMarkDownとフラットの2種類を作成。

ついでにハサミスクリプトをすこしいじって文字数カウントもできるようにした。*2

すぐにできたので、もっと早くやればよかった。


これでDynalistが_機能的には_常用できるアウトライナーになった、はず。お試し期間を設けてしばらく使ってみようと思う。

ちなみに、この文章もDynalistで書いてハサミスクリプトで出力した。慣れないとこもあるけど、とりあえずこれでやってく;)

*1:OmniOutliner版もあるけどWinユーザーなので。

*2:ハサミスクリプトで出力されるテキストを.lengthでカウントしてその結果をalertで出してる。

広告を非表示にする