読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

影があることを知る

inspired by るうマニアSIDE-B - 闇と光、または不健全なアバター[Small Talk].

「出ているものがその人の100ではない」

ことを知っているのが大切だと思う。

出ている部分を100としてしまうのはあまりに短絡的だし、本質を見落とす危険が高くなる。まぁそれが絶対に悪いとは思わないけど。

その人の100を知れないことは(無邪気に知れると思っている人にとっては)悲しいことなのかもしれないし、最終的(ってなんだ?)には出ている部分で判断するしかない。

それでも私は、「出ているものがその人の100ではない」ことを前提として判断した方が、「まっとう」な在り方だと思っている。

断片化された蛇足

影を見る

出ているものがその人の100ではない。

ことを前提として、

出ていない部分を想像することは、良い気遣いにつながることもある。

しかし、それがいきすぎて「あの人はああ言っているけど、影ではこう思っているに違いない」と決めつける領域にはいると、ただの偏見になってしまう。

光のコントロール

20しか出さないようにしていても30,40くらい出ていることもある。

逆もまた然りで、100出そうとしても、80,90くらいになることもある。

「ここだけは光にあてないようにしよう」としていても、あたってしまうこともある。

自分の全てを認知できる人間はいない。

光と影

ある場所では影であっても、時と場所が変われば、光があたる。


だらだら書いたけど、見えない部分を「無いもの」としてしまうのは、あまりに寂しいことだと思うんだけど、どうすかね?

広告を非表示にする