読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

TextwellからEvernoteに送信するならStackOne経由がいい

Evernote 連携 アプリ

公式のダイレクトでも充分なんですけどね。

前回に引き続き、StackOneの連携例です。

今回はエディタ編ってことで『Textwell』アクションの紹介。

アクション登録はこちら→ http://tinyurl.com/p6k3zxk

▼中身はこんな感じです。

T( 'urlScheme', {
url: 'jp.lakesoft.StackOne://?text='+ encodeURIComponent( T.whole ),
option: 'clearAll'
} );

Textwellでテキストを入力して、このアクションを使うと、テキストが入力された状態でStackOneが立ち上がります。Textwell上のテキストは消去されています。

アクションを無駄に増やしたくないし、一つのアクションにまとめる実装方法もいまいち分からないので、ルールはStackOne上で変更するようにしています。

▼ちなみにルールはボタンだけでなく、ルールが表示されているバーをスワイプすることでも変更できます。こちらの方が手軽なのでオススメです。

広告を非表示にする