読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

Textwellが1.2にアップデート!TextExpander・エッジスワイプ対応など盛りだくさん

iOSのあらゆる文字入力の起点となるアプリ「Textwell」がVer.1.2にアップデートしました。

まずはAppStoreからアプデ内容を紹介します。
Textwell1.2

  • 新たに8つのテーマ色を追加しました。設定アプリから変更できます。
  • ヒストリーの保存タイミングを選べるようになりました。設定アプリできます。
  • スワイプによるカーソル移動を横方向だけに限定できるようになりました。設定アプリできます。
  • ヒストリーリストでスナップの一覧を表示できるようになりました。
  • ヒストリーを一括消去できるようになりました。
  • iCloud 経由でのアクションの書き出し/読み込みができるようになりました。
  • 画面端からのスワイプでアクションリスト/ヒストリーリストを開けるようになりました。(iOS 7+)
  • テキストの音声読み上げができるようになりました。(iOS 7+)
  • TextExpander 2.3 に対応しました。(iOS 7+)

ヘビーユーザーならこれを読んだだけで大興奮だと思うんですが、この記事ではそれぞれの項目を解説していきます。順番は個人的注目度順です。

TextExpanderに2.3対応

*TextExpander自体の説明はこちらがわかりやすいです→これは絶対入れておくべき!最速文字入力アプリ「TextExpander」&おすすめSnippets(スニペッツ)! | iPhone・Macの情報発信ブログ "NUMBER333"

まずはやっぱりこれでしょう!
iOS7になってからTextExpanderの仕様がコロコロ変わっていて、2.3からは対応先のアプリごとにスニペットのデータを持たせるという方式になりました。この方式になってからTextwellは一時TxetExpander対応を止めていましたが、要望が多かったのか今回のアップデートで再び対応しました。

設定アプリのTextExpanderをオンにしてからTextwellを起動するとTextExpanderを連携させるポップアップが出て、それをOKすればスニペットのデータがTextwellに保存されます。それ以降のスニペットの更新は公式アクションの「Update TextExpander Snippets」から。

自分でカスタマイズしたフォーマットの日時を含んだメモを入力する機会が多いので超絶助かります。

スワイプ関連

カーソル移動を横方向のみに限定

今までは「スワイプでカーソル移動」をオンにすると問答無用で縦横にカーソルを移動してましたが、横方向のみの移動もできるようになりました。縦方向のカーソル移動はいらなかったのでありがたいです。

エッジ(画面端)スワイプ対応

メイン画面の左(設定によっては右)端を右(左)にスワイプするとアクションやヒストリーを呼び出せます。もちろんそこからメイン画面に戻ることもできます。画面上部に指を移動させるのが辛い方には嬉しいアップデートです。
また、これにより内蔵ブラウザでも戻る/進むができるようになりました。Safariと同じといえばわかりやすいですかね。

ヒストリー関連

保存のタイミング

  • 適切なタイミング
  • 編集を完了した時のみ
  • なし

から選べるようになりました。めったに使わないなら思い切ってなしにしてしまってもいいかもしれません。

ヒストリーリストでスナップ一覧を表示

今まではスナップをしても、ヒストリーリストの中で一緒になって表示されるだけでしたが、スナップだけを表示できるようになりました。
20140227095329

ヒストリーの一括削除

今回新たに追加された公式アクションの「Clear All History」でヒストリーの一括削除ができます。動作が重くなってきたら実行する感じですかね。「ヒストリーとスナップを全消去」か「ヒストリーを全消去」の2パターンから選べるのがありがたいです。

iCloud経由でアクションの書き出し/読み込み

公式アクションの「Export Actions」からiCloudを選択して書き出し「Import Actions from iCloud」で読み込みができます。端末を複数台持っているなら必携でしょう。

テーマの追加

今回追加されたテーマは

  • ストロベリー
  • レモン
  • グレープ
  • アップル
  • メロン
  • ブルーベリー
  • ブラックベリー
  • チェリー

の8色です。果物縛りですね。
全色試して見ましたが、この中ならアップルの色味が好みでした。

▼ちなみにこんな感じ
20140227085304

音声読み上げ

iOSに組み込まれている言語ならだいたい対応しています。公式アクションの「Speech(○○ - ○○)」から。英語の発音チェックや内蔵ブラウザから取ってきた記事の読み上げなどに使えそうです。

所感

TextExpander対応やスナップ一覧表示など、正統進化という印象です。他にも細かいデザインが変わって分かりやすくなったり、動作が全体的にサクサクになったりと、かなり嬉しいアップデートでした。

今回のアップデートで私がTextwell、というかテキストのハブに期待する機能は全て網羅されたので、今後のアップデートでどうなっていくのか全く想像がつきません。その辺も楽しみにしつつ、これからもガシガシ使います!

Textwell 1.2
¥300(2014.2.27 時点)
AppStoreでチェック