ウラガミ

いわゆるチラ裏

WorkFlowyで日本語を検索する方法

このブログではすっかりお馴染み?「WorkFlowy」の検索は単語単位でされるので、日本語*1の場合、項目の最初に書いたり、スペースや記号で区切るなどの工夫をしなければ検索に引っかからなかったんですよ。

例えば検索窓に「たまご」と入力しても
「・たまごのいいところ」とか「・こういう たまごがあったらなぁ」という項目は引っかかっても
「・最高のたまご」は引っかからなかった
ということです。

最近検索する機会が増えてきたのでけっこう困ってたところで、
検索窓に入力する際、調べたい語句を" "(ダブルクオーテーション)でかこえば解決することを発見しました!

参考:Hidden Search Operators | WorkFlowy Blog

さっきの例で例えるなら、「たまご」を検索したかったら検索窓に「"たまご"」と入力すれば、(現在フォーカスしている範囲から)全ての項目のあらゆる場所から「たまご」と書いてある項目が引っかかるわけです。
もちろん「・最高のたまご」という項目も!

*ちなみに検索窓にカーソルをあわせるショートカットは「Esc」です

蛇足

こういう情報がもっと充実したらなぁとよく思います。
日本での利用者はそんなに多くないみたいですし、それをネットに書く人といったら更に少なくなるので厳しいというのは分かるんですが。。

  • 英語っていうのがハードルになってる
  • オンラインで書くのに抵抗がある
  • ガツガツ書きたい人にとっては保存制限がかなり気になる
  • 日本ではこういうツール自体の需要がない

原因はいろいろあるんでしょうけど、もっと広まってもおかしくないサービスだと思うんだけどなぁ。。
日本人って箇条書き好きなんじゃないんですかね?(適当)

まぁぶつくさ言ってないでまずは自分で書きますわ(`・ω・´)

*1:というか文章の単語間にスペースがない言語

広告を非表示にする