読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

猫も杓子も【気になることば】

気になることばシリーズ

猫はまだ分かるけどなんでモノ?っていう。

そもそもの意味としては

猫も杓子もとは、誰も彼も、何もかも、一緒くたにというたとえ。
via:猫も杓子も - 故事ことわざ辞典

というもの。自分もたまに使います。

んで、今回の本題は語源です。

寛文8年(1668年)の『一休咄』に「生まれては死ぬるなりけりおしなべて 釈迦も達磨も猫も杓子も」とあり、それ以前には使われていたことが解かるが、語源は以下のとおり諸説ある。
1.「猫」は「神主」を表す「禰子(ねこ)」、「杓子」は「僧侶」を表す「釈氏・釈子(しゃくし)」で、「禰子も釈氏も(神主も僧侶も)」が変化したとする説。
2.「猫」は「女子(めこ)」、「杓子」は「弱子(じゃくし)」で、「女子も弱子も(女も子供も)」が変化したとする説。
3.「猫」は「寝子(ねこ)」、「杓子」は「赤子(せきし)」で、「寝子も赤子も(寝る子も赤ん坊も)」が変化したとする説。
4.「杓子」は「しゃもじ」のことで、主婦が使うものであることから「主婦」を表し、「猫も主婦も家族総出で」という意味から出たとする説。
5.猫はどこにでもいる動物、杓子も毎日使う道具であることから、「ありふれたもの」の意味から出たとする説。
『一休咄』に出てくるため、「1」の説が有力とされることもあるが、それだけでは根拠とならない。
「1」のの語源説も含め、こじつけと思える説が多いが、口伝えで広まったとすれば音変化や漢字の表記が変化することは考えられ、正確な語源は未詳である。
via:猫も杓子も - 語源由来辞典

諸説あるみたいですが、猫も杓子ももともとは違う感じが当てられていた可能性が高そうですね。

ドヤ顔で人に説明する時は
(諸説あるみたいだけど)
猫=禰子=神主
杓子=釈氏=僧侶
って意味だったんだよって言いたいと思いますw

広告を非表示にする