読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

IFTTTのTwitterトリガーが復活!ってことでレシピも公開します。

アプリ 連携


ってことでできることなんかをメモしておきます。

トリガーとなるのは

  • 全ツイート(RT、リプライは選択できる)
  • 特定のハッシュタグ付きのツイート
  • リンク付きのツイート
  • ふぁぼったツイート

の4つ。

これをトリガーにしていろんなアクションが起こせます。
IFTTTの仕組みなんかはこちらで
参考:記事の保存からお天気通知まで、59のウェブサービスを手軽に自動連携させられる「IFTTT」を使ってみた - GIGAZINE

具体例

まず多くの人がつかえそうなものを紹介、ふぁぼをEvernoteへ送るレシピです。これは以前Twitterトリガーがなくなるまで使ってて、代替がなかったんで苦労してました。
IFTTT / ふぁぼをEvernoteへ by akio6o6

続いても汎用性高め、#laterというタグを付けたツイートをPocketに保存するレシピ。Pocketとは連携してなくてもTwitterと連携してるアプリって沢山ありますよね。そういう時に使えます。自分は使いませんがw
IFTTT / #laterを付けたツイートに含まれるリンクをPocketに保存 by akio6o6

完全に自分得なレシピ、私はiライフログをつかって行動記録をGoogleカレンダーに保存しているのですが、それを補助するレシピ。#logを付けたツイートをGoogleカレンダーに保存します。
IFTTT / #logを付けたツイートをGcalに保存 by akio6o6

あとは

  • 思考ログをEvernoteに保存(#Thinklogとかつけて)
  • 全ツイートをGoogleドライブに保存
  • ツイートをfacebookにも投稿

とかが考えられますかねー。


以前は「ハッシュタグ毎にEvernoteのノートブックを変えたレシピを作って、定型文が送信できるTwittinやBlueBeakからライフログ用アカウントへ投稿」みたいなめんどくさいこともやってたんですよ。でもTwitterトリガーが停止して以来あんまりIFTTTに依存するのもなんだなぁとおもったのでもうやりませんw

Twitterトリガーを検索した結果はこちらから
IFTTT / Recipes

iPhoneアプリはこちら

IFTTTIFTTT 1.0.2
無料(記事投稿時)
AppStoreでチェック