ウラガミ

いわゆるチラ裏

病。読書。ボクっ娘。 日報No.36 2013/07/17(水)版

日記


「殺戮にいたる病」を読みました。
「驚愕のラスト」の謳い文句通り、見事な終わり方。二周目、三周目と視点を変えながら読みたくなる作品でした。

ただ猟奇的殺人を扱ってるので、耐性ない方は読まないほうがいいかも。。

ミステリはそんなに読まないのですが、読み始めると一気に読んでしまいます。というか物語だと続きが気になって読めるうちはどんどん進みたくなるもんなんでしょうね。

いま併読している「絵画で綴る哲学と倫理学」はゆっくり咀嚼しながらじゃないと読めないので対照的だなあと思いながら読んでました。

読書の目的によって読むスピード・心持ち・道具は明らかに変わりますね。その変化を意識することで、より読書が楽しいものになってる気がします。

ーーー

今日はあんまりネットに浸からなかった感じ。でも気になる記事はReadabilityには溜めてるので時間がある日にまとめて放出します\(^o^)/

RSSピックアップ


はるかぜちゃん、ウテナ……増殖する“ボクっ娘”って? | ニコニコニュース
ぷよぷよのアルルのイメージが強いな。

いま、岡田斗司夫は政治と選挙に関して、こう考えています。 : クラウドシティなう
距離感の話。「誰が議員になろうと変わらない」とは思わないけど、選挙についてそこまで入れ込まなくてもいいかな。

▼トリ
【今週のライフハック】本を読むコツとしての「わからないところは飛ばす」 ほか【7月3週】 - はてブのまとめ

【今週のWebサービス】紙では実現できない、電子書籍ならではの次世代コミック「ReComic」が誕生 ほか【7月3週】 - はてブのまとめ


ツイートピックアップ



日報とは


私、あき(@akio6o6)が気になったニュースやこのブログの更新情報をまとめて配信。おまけで日記も書いてます。

広告を非表示にする