読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

IFTTT for iPhoneが登場、iOS内のデータを扱えるようになった!

20130712074953

複数のウェブサービスをつなぐウェブサービス、IFTTT(イフト)のiOSアプリが誕生しました。
連携萌えの私としては落とすのは不可避!

IFTTT
無料(記事投稿時)
AppStoreでチェック

これにより、iOS内のデータ(写真、リマインダー、連絡先)も扱えるようになりました。
ってことで、アプリの使い方やiOSアプリを使ったレシピなどを紹介します。

使い方

起動するとイントロが始まります。

20130712082057

最後にサインアップorサインイン
20130712071945

こちらがメイン画面。タイムラインでレシピの動き(作成、オンオフ、起動)や、チャンネルのオンオフが確認できます。今日の一番上にはレコメンドもされるみたいです。
20130712072152

メイン画面を左にスワイプorレシピアイコンをタップすると、レシピ画面に移ります。自分の使っているレシピが確認でき、ワンタップでレシピのオンオフもできます。
20130712072200

メガネアイコンをタップするとブラウズ。チャンネルの検索やランキングがチェックできたりします。
20130712072243

+をタップすると新規作成。
20130712072417

トリガー、アクションを決めて
20130712082205

フィニッシュ!
20130712072518

レシピが追加されます。
20130712080535

個々のレシピをタップすると詳細が確認できます。レシピが実行される毎に通知される設定もここでできます。
20130712074225


最後に設定画面。
20130712072706

  • シェアしたレシピ
  • 同期設定
  • チャンネル一覧
  • イントロ
  • アバウト
  • 招待
  • サインアウト

となっています(手抜き!)。

iOSのアプリもチャンネルに!

アプリになったことによるの一番の進化はここだと思います。
ってことで、どんな使い方ができるかざっと考えてみます。

連絡先

  • ストレージサービスにバックアップ
  • Gmailの連絡先と同期
  • 追加される毎にカレンダーやEvernoteに送信しログに

写真

  • バックアップ
  • スクリーンショトを画像系サービスにアップ→ブログ用に

リマインダー

  • 実行したリマインダーをカレンダー、Evernoteに残す
  • 新規追加したリマインダーをカレンダーにも追加

って感じでしょうか。



不満などは殆ど無いのですが、強いていうなら「アプリ内からでもレシピのシェアがしたい」ですかね。

なんにせよ素敵なアプリの登場に胸が踊りました。今後もIFTTTの動向に目が離せません!