ウラガミ

いわゆるチラ裏

DraftpadとSmartEverを連携すればよかったんだ!

20130705175854

中身

余計な導入はいらないので早速。

SmartEver (こちらをタップするとアシスト登録画面に移ります)

smartever://text?title=<@L1>&text=<@L2~>

ノートブックやタグの指定もできますが、いちいちアシストをいじるよりSmartEver側で設定した方がいいと思ったんでこのシンプルな形式にしました。

参考:SmartEver v1.2におけるURLスキームのサポートについて - Gorokuma Diary

アシストを実行すると、SmartEverの新規ノート画面に移り、Draftpadで書いたテキストの一行目がタイトル、二行目以降が本文になってます。ちなみにSmartEverで作成したノートはデフォルトでSmartEverタグがついてます。

どんなとこが便利?

っていうのを一応解説しておきます。

  • 複数のノートをローカルで貯めておける

ネット環境がないところでも複数のメモを保留、編集できます。

  • 作成したノートにすぐ追記できる

FastEverなどの投稿用アプリでは出来ないことです。「さっきのノートにこれも書いときたい」って時ありますよね?


以上のことは多機能な投稿アプリ、EverGearでもできるんですが、より少ないアプリでできるってのがいいじゃないですか。
あと、EverGearで作成したノートはSmartEverで編集可能な形式では無い!ので、SmartEverをよく使う自分としてはEverGearはイマイチなんですよね。

SmartEver - サクサク使える軽量Evernoteクライアント
¥170(記事投稿時)
AppStoreでチェック

DraftPad
無料(記事投稿時)
AppStoreでチェック

EverGear - Evernote投稿ツール
¥350(記事投稿時)
AppStoreでチェック

広告を非表示にする