読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

ストレッチの効果を増幅させるために気をつけること

生活

Stretch
Stretch Photo by emilio labrador


運動不足を少しでも解消しようとストレッチを毎日の習慣にしている(orしたい)人は多いと思います。しかしただやっているだけでは効果を充分に享受できません。

そこで、ストレッチの効果を増幅させるために自分が気をつけているポイントを紹介します。

ストレッチ - Wikipedia
おなじみWikipedia先生

呼吸を止めない

息を止めていると体が硬くなってしまうので常に呼吸をしていること。
特に吐いているときは伸びやすくなるのでその間はぐっと伸ばしてみましょう。

一気に伸ばさない

一人でやってる分には怪我する危険はほぼないですが、一気に伸ばすと痛めてしまう可能性もあります。
そうなると本末転倒なので。

どこを伸ばしているか意識する

筋トレでも同じ事ですが、自分がどこを鍛えているか意識することが大切です。

筋肉は神経からの命令で動いているので、意識をその筋肉に向けることで、よりスムーズに命令が伝わるようにするわけです。

さらに動作が丁寧になる効果も期待出来ます。

参考:背中の筋肉を鍛えるコツ 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)



5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド

5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド


硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチ

硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチ

広告を非表示にする