読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

iライフログでライフログを取るときのコツ

アプリ ライフログ

私はiライフログというアプリを使ってGoogleカレンダーとEvernoteにライフログ*1をとっています。

  • 何時から何時まで
  • どこで
  • 何をやって
  • どんな感想を持ったか

までがこのアプリひとつで記録でき、さらに閲覧もカレンダーで見られるので非常にオススメのアプリです。

iライフログ 1.3.0
無料(記事投稿時)
AppStoreでチェック


今回はそんなアプリでライフログをとる上でのコツ的なものを紹介します。
別に大した事では無いのですが、その時面倒でも時間だけは記録しておくってものです。


人間何をしたかは覚えられても、どれくらいしたかは覚えられないものなんですよね。時間に厳しい人であっても、認識については大概いい加減です。


具体的な例を出すと

  • 今朝何を食べたのかは覚えていても、
  • 何時から何時までどれくらいかけて食べたのかは覚えられない*2

ってこと。


なので、なんのカテゴリかわからないような行動やメモするのが面倒な状態でも、とりあえずタイマーを開始させておいたほうがいいんです。
iライフログではタイトルや詳細なメモは後から編集できるのでこの習慣を身につけるだけでログの量、正確さはグッとレベルアップします。

iライフログ 1.3.0
無料(記事投稿時)
AppStoreでチェック

*1: リッチなタイムログと言い換えてもいいかも

*2: 覚えていようという気があっても、です

広告を非表示にする