読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ

いわゆるチラ裏

記録したくないことにはあえて手間をかける

Lifelog project :.
Lifelog project :. Photo by jeanbaptisteparis

ミーハーというか流行りに乗っかってというかでライフログなるものをとっています。
しかし「振り返って有効活用」はあんまりできていません。でも記録をとること自体は習慣化してきたのでその中で気付いたことをメモしておきます。

記録する頻度を増やしたいこと=徹底的に手間を無くす。できるものはどんどん自動化する。


減らしたいこと=あえて手間を作る。記録するのをやめないぎりぎりの手間は残しておく。

といいんじゃないかと思いつきました。

もちろん手間がかからないに越したことはないんですが記録するハードルが高いメリットあって、「いちいち入力するのは面倒だから、今買うのはやめておこう」となることもあるのです。

それぞれ具体例を挙げていくと、

  • (記録する頻度を)増やしたいこと
    • 感情ログ
    • 読書ログ
  • 減らしたいこと
    • 食事ログ
    • 支出ログ

って感じ。


もちろん記録することが習慣化していないと、面倒になって記録自体を止めてしまうという結末になるのでこういうことを考えるのは習慣になってきてからの方がいいとは思います。しかし「なんでもかんでも自動化してしまうのもじつはデメリットがあるよ」というお話でした。

広告を非表示にする